おまとめローン おすすめ

MENU

おまとめローンの押えておくポイント

おまとめローンで契約できれば、「複数ある返済日を1日にまとめられる」「今より金利を抑えることができる」「新たな返済計画が立てられる」といった多くのメリットが有ります。
しかし、まとめればすべてがよくなるかということではなく、おまとめをしないほうがよかったという場合もあります。
おまとめローンで失敗しないためにいくつか抑えておくポイント(参照:おまとめローン入門書)があります。

 

「今の金利より低い金利でまとめる」

当然のことですが、現在返済中の金利より低いところでまとめれば利息を含めた総返済額を抑えることができます。
ただし、おまとめが利用できるようになると新たな返済計画が立てられるので、今まで無理な返済を続けてきたのから少しでも楽な返済にしたいという場合、毎月返済額を少なくなると返済期間が長くなってしまいます。
返済期間が長くなるということは、利息を含めた総返済額が増えてしまうので、現在の返済を続ければ総返済額はいくらになるのか、毎月返済額を少なくしても総返済額がそれ以上増えないのかを検討する必要があります。

 

「審査が通りやすいかどうかが重要」

おまとめローンは複数社からの借入をひとつにまとめるので、借入希望額が多くなります。
たとえば、A社で30万円、B社で50万円、C社で50万円をまとめると、おまとめで申込む借入希望額は最低でも130万円の申込になるので、審査はきびしくなります。
おまとめを申込むときは、どこへ申込むかも重要なポイントで、銀行カードローンでまとめると、申込先によっては現在の金利より確実に金利は下がります。
しかし、審査に通らなければならないということを考えると、消費者金融のおまとめローンのほうが銀行カードローンより審査に通りやすいといえます。

 

「借入先が多い場合は先に一部まとめておく」

おまとめローンの審査で、借入件数が何件なのかも重要なポイントになります。
借入件数が多いと審査に通るのもむつかしくなるので、少しでも借入件数を減らしておく必要があります。
借入件数を減らすには、現在利用中のキャッシング会社のなかで、あらたに借入を申込みます。
申込書に記入して送信した後、すぐにキャッシング会社へ連絡を入れて「借入先を何件かにまとめたい」と申しでます。
そうすることによって一部をまとめられれば借入件数を減らすことができます。
少しでも審査で有利になるように、借入件数を減らしたあとでおまとめローンを申し込みましょう。

 

少しでも返済を楽にしたいというあせりもありますが、あわてて「ヤミ金」などには絶対に手を出してはいけません。
十分に時間をかけて、自分の経済状況と比較しながら最も適切なキャッシング会社を選ぶことがもっとも重要なポイントになります。

業者選びは慎重に

おまとめローンを検討するとき、どこでおまとめを利用するかが重要になります。
消費者金融や銀行カードローンの商品としておまとめローンがありますが、おまとめに失敗しないためにも慎重に業者を選ぶことが大切です。

 

「業者選びのポイント」

おまとめローンは複数社から借りてしまったため、毎月の返済が苦しく少しでも楽な返済にしたい場合や、総返済額を少しでも少なくしたいという場合に利用するローンです。
基本的にはこれまでの金利よりも低い金利に借り換えることで、利息が減らすことができ、利息を含めた総支払い返済額が少なくなりますし、月々の返済額を減らすことができます。
その前に確認しておかなければならないのが、借り換えをすることによって借り換えをしなかったほうがよかったということもありますので、現在毎月どれくらい返済しているのか、借入残高は合計いくらになるのかなどを確認しておくことがポイントになります。

 

「おまとめローンで失敗する原因」

おまとめローンで失敗するのが、これまで通り支払い続けた場合の総返済額とおまとめをしたことによって総返済額が増えてしまうことがあります。
おまとめローンが利用できれば新たな返済計画が立てられるので、これまで返済が苦しかったことから、少しは余裕のある返済にしたくて毎月返済額を少なくしてしまうかたもおられます。
しかし、毎月返済額が少なくなるということは、返済期間も長くなり利息を含めた総返済額がこれまでより多くなってしまう場合があります。
そうならないためには現在の借入残高や総返済額を調べておき、「返済シミュレーション」を利用して毎月返済額をどれくらいにすれば総返済額を抑えることができるのかをシミュレーションし、これくらいなら返済が続けられるというラインを見つけることが重要です。

 

「おまとめローンは新たな借入ができなくなる」

消費者金融のおまとめローンで、まとめると融資先から今借りているキャッシング会社へ申込者の名前で直接返済されます。
おまとめローンを利用すると、新たな借入ができなくなり、仮にそれがばれると一括返済を求められるので、注意が必要です。
銀行カードローンは低金利で高額融資が可能なので、特におまとめローンを商品として扱っているところはほとんどありません。
銀行カードローンでまとめられれば、返済を続けていくことで借入残高が少なくなり、融資限度額の範囲内に余裕ができればその範囲内で借入れをすることができます。

 

これ以上借金はしたくないというかたは消費者金融のおまとめローンがおすすめですが、返済を続けている途中で万一借りることもあるかもしれないというかたは銀行カードローンがおすすめです。